花の本数 – ロシアなど奇数を好む国

お祝いのお花

ロシアへお花を贈る際には注意!
花の本数は必ず奇数に

花の数を奇数にするという忘れてはならないルールのほか、ロシアには花の種類や色にまつわる迷信や風習が色々あり、今でも信じている方が多いので気を付けましょう。
たとえば、愛する人には黄色い花を贈ってはいけません。
その理由は諸説ありますが、黄色い花は喧嘩や別れを招くというイメージがあります。

白いバラから赤いバラへ

出会ったばかりだったり、これから関係を深めていくというとき、最初は白バラ、ライトピンクのバラ、ダークピンクのバラ、そして赤バラを贈るという贈り方があります。
濃くなっていく色が深まる愛の象徴となります。
バラに限らずお相手の方の好みのお花を贈りましょう。

ロシア以外で花の本数を奇数にするべき国

ロシアと同様に、ウクライナ、ウズベキスタン、カザフスタン、ルーマニア、ポーランド、ハンガリー、ブルガリアへのお悔やみ以外で贈るお花は奇数にしましょう。

お祝いのお花
教師の日

教師の日をご存知ですか? 日本ではほとんど知られていない日ですが、1994年にユネスコが10月5日を …

イベント
中国の七夕 2019

チャイニーズバレンタインデー 2019年は8月7日(水)が中国の七夕 日本の七夕というと、笹の葉に願 …

配達について
配達時の対応について

事前ご在宅確認 配達前にご住所や配達時間の確認のためにお電話でご在宅確認をすることが多くあります。そ …